テクノスター金物で強固な結合

自身の強烈な揺れに負けない接合強度をもつテクノスター金物。 耐用年数は110年以上で、サビに強く頑丈です。従来の木造工法で行っていた「ほぞ」加工では断面欠損による強度低下が考えられます。そうした従来の木造工法のウィークポイントを合理的に解決した金物接合法です。

地盤を面でおさえるベタ基礎

家の基礎となる部分は、建物自体の重さを受け止めるとともに、地震・台風時にかかる力を地面全体に分散して伝える、転勤コンクリート造ベタ基礎です。

柱や梁の揺れを面で抑えるeパネル

「粘震+eパネル」の粘弾性体が、パネルと軸組の間で緩衝材として機能します。これによってモノコック構造体自身が粘り強くなり、地震エネルギーを建物全体で吸収して変形量を小さく抑えます。

そしてパネルと躯体を結合するために用いる「粘弾性体」

「粘震+eパネル」の粘弾性体が、パネルと軸組の間で緩衝材として機能します。これによってモノコック構造体自身が粘り強くなり、地震エネルギーを建物全体で吸収して変形量を小さく抑えます。

フィアスホームではeパネル住宅の高気密・ 高断熱のデータ値と同様にこの「粘震」についても、 しっかりした根拠とデーターを揃えています。 イメージや、曖昧な表現でなく、 お客様にご安心して頂くために 是非それらの資料をご確認下さい。